AGAについて

カルテ

現代の日本でも薄毛の原因で最も多いのが、AGA (男性型脱毛症) です。

 

特徴的なのは、頭頂部と、前頭部が薄くなってくる状態で、男性ホルモンが大きく関係しています。

 

それ以外にも、遺伝や、食生活、ストレスなどもあわさることによって起こると考えられています。
つまりはAGAだけでハゲてしまうとは決まっていません。
でも、このAGAについても100%解明されているかといえばそうでもなくまだまだ謎だらけなのです。
現に男性全員がAGAになるかといえばそうではありません。


さらに、遺伝的要因があり老化になっているのにもかかわらずハゲない人もいるのです。
AGAの見分け方は特徴的な抜ける部位になります。
AGAの場合、頭頂部と前頭部からじょじょに進行するのであればAGAという診断がくだされます。

 

AGAになるとなぜ髪の毛が抜けるの?

ですが、AGAの一番の原因は、男性ホルモンであるテストステロンがDHT (ジヒドロテストステロン)に変化することにより脱毛を促進させてしまうのです。

 

テストステロンは、血液の流れに沿って、全身に回るのですが、毛乳頭や毛母細胞の中に入ると5αリダクターゼという酵素の作用によってDHTに変えられます。
このDHTが、レセプターと結合すると脱毛しろという命令が出るらしいのです。

 

女性でも男性ホルモンはでている

実は、女性には男性ホルモンがでています。
ですが、普段は女性ホルモンのほうが優位なので、気にする必要はないのですが、
女性ホルモンが減少する更年期以降には、男性ホルモンの影響をうけてしまい脱毛が増える女性もいらっしゃいます。

 

早いうちからの対策が必要

やはり抜け毛には早いうちからの対策が必要です。
AGAになってしまっても、いまではAGA病院というものがあります。
全員に効果があるわけではないのですが、服用だけでかなりの改善を見込める人もいます。
一度AGA病院にいって相談してみてはいかがでしょうか?